データの入力規則 複数選択。 エクセルで複数のプルダウンリストを連動(名前定義を使わない方法)

【エクセル】入力規則とは?使い方を例を用いて解説|Udemy メディア

データの入力規則で1段階のプルダウンリストを作成 1. 名前ボックスに「ワイン」と入力してEnterキーで確定します。 名前ボックス(赤枠)に「生鮮食品」と入力し、Enterキーを押します。 ・ 停止…入力ができません。 同じ入力規則を設定したセルを選択する場合は、『同じ入力規則』にチェックを入れます。 選択セルが違うと正しく設定できません。 入力規則を設定したセルを選択します。 [設定]タブで「ドロップダウンリストから選択する」にチェックを入れると表示されます。

Next

エクセルVLOOKUP関数でリストから項目を選択して自動入力させる方法!

すると、「この値は、このセルに定義されているデータの入力規則の制限を満たしていません」とのメッセージが出ます。 【エクセル】入力規則のユーザー設定のやりかた 「ユーザー設定」を選択すると数式を条件として設定可能です。 これで、シート「Sheet1」にあるリストがドロップダウンリストに出てくるはずです。 半角・全角を問わず 1文字としてカウントされます。 ドロップダウンリスト プルダウンリスト に表示するデータをあらかじめ入力します。

Next

Excel(エクセル) データの入力規則で「ユーザー設定」を使って複数の特定の数値しか入力できなくする方法

このページでは入力規則という機能を使ってドロップダウンリスト プルダウンリスト を作成する方法を説明します。 「部署名」を選択するセルに入力規則(リスト)が設定されます• Sheet1のA1セルに入力規則を設定します。 そして、「ドロップダウン リストから選択する」にチェックがされていることを確認し、「OK」をクリックします。 例えば「男」「女」と入れたいのであれば「男,女」と言う感じで入れてください。 動画にあるように、0やマイナスの数字は入力することができなくなっています。

Next

異なるワークシートにある範囲を「入力規則」の「リスト」として利用する方法

これは、 がそのまま使えますので、 作り方は省略します。 「検索方法」には「1 TRUE 」または「0 FALSE 」を指定する 省略した場合はTRUE。 リストにするデータに増減がないケースでは便利です。 日々、ブログで税務・会計とIT を使った業務効率化について情報提供致します(ブログは最大で月間 11万PV 達成)。 データの入力規則をクリックすると、[設定] [入力時メッセージ] [エラーメッセージ] [日本語入力] の4つのタブからなる「 データの入力規則」のフォームが表示されます。

Next

エクセルで複数のプルダウンリストを連動(名前定義を使わない方法)

あらかじめ設定したリストから選択して入力しますので、リスト外のデータの入力を制限したり、入力時の間違い 誤変換など を防ぐことが可能になります。 入力される情報の種類を統一できる入力規則。 試しに、「あいう」と入力してみましょう。 ホール,キッチン,洗い場」と入力して下さい。 そして、これらのメッセージをそれぞれ変更することができます。 ユーザーにプルダウンリストの項目から選択させる場合に使用 日付... しかし、問題となるのは、追加した場合です。 規則外の値が入力されると、このように「はい」と「いいえ」、「キャンセル」が選択できます。

Next

プルダウンのリストの中から複数のものを選択したいときどのように...

リストの選択結果でセルの色を変える 条件付き書式をつかう 入力規則とは少し意味合いが違うのですが、入力規則でリストを使用した際に 選択結果によってセルの色を変えたい というケースがあります。 ・ 情報…制限満たしてないよ?って言われるだけです。 スポンサードリンク• 「 」マークをクリックします。 条件外の値が入力されるとエラーメッセージが表れました。 日本語入力システムを自動的に切り替える 日本語入力システムとは、「 IME」や「ATOK」に代表される日本語の入力環境を提供するソフトウェアのことです。 設定するセルを選択します。 もしメニューに「開発」がない場合は追加しておきましょう。

Next