ご 確認 の ほど。 「ご確認のほど」の例文・使い方・言い換え|敬語/ビジネス

「ご査収のほどよろしくお願い致します」の意味と使い方

しかし、「ご確認のほど~」というように、「ほど」を付けることで、強制的な印象が弱まるのです。 1つ目の部分は「ご確認のほど」の「確認」という言葉になります。 例えば、添付書類を確認してほしい時には、「添付書類のご確認、よろしくお願いいたします」または、「添付させていただきます」という表現でもOKです。 上記でご紹介した「ご確認ください」は、確認することを相手に義務づけたり強制したりしているイメージが、少しありますね。 「査収」は「よく調べたうえで受け取る」「よく確認して受け取る」という意味があり、「確認」と同じように「ご」がついて丁寧な表現になります。 必ず確認してほしいという場合には不向きな表現であるため注意してください。

Next

「ご査収のほどよろしくお願い致します」の意味と使い方

「確」は音読みで「かく」と読み、訓読みで「たしか・たしかめる」と読みます。 『程(ほど)』の意味 ご確認のほどの『程(ほど)』の意味は (「…のほど」の形で)断定を避け、表現をやわらげるのに用いる。 前述しました表現や場面の繰り返しになりますが、ご説明していきます。 そのため、これから「ご確認のほど」の具体的な使い方について紹介します。 提案の内容についてご確認のほどいかがでしょうか。

Next

「ご確認のほど」の例文・使い方・言い換え|敬語/ビジネス

・このたび、貴社のホームページを立ち上げましたので、是非ご高覧ください。 それでは「ご査収のほどよろしくお願い致します」の使い方を見ていきましょう ビジネスシーンではどう使う? 「ご査収のほどよろしくお願い致します」は、通常ビジネスシーンや公文書を扱う時にしか使われません。 ビジネスメールやビジネス文書で頻繁に使われていますが、特に文章を相手に確認してもらいたい場合の丁寧な表現として使うと便利です。 「査収」は「 よく調べたうえで受け取ること」を意味しています。 「こちらの案件。 相手別「ご確認のほど」の使い方 「ご確認のほど」の含まれているフレーズを使うことのできる場面はたくさんあります。 「ご確認のほど~お願い申し上げます」というような使い方をします。

Next

「ご確認の程」の使い方!正しい敬語をメール/返信/添付等の例文で解説

それなら「宜しく」を平仮名にした時点で、回避できてますよね?(「ご確認の程よろしくお願い申し上げます」) 「ご確認のほど宜しくお願いお申し上げます」でも構いませんが。 以下で、「ご確認」の正しい使い方や例文をご紹介していくので、確認していきましょう。 「ご確認の程宜しくお願いいたします」と漢字で表記することも可 「ご確認のほどよろしくお願いいたします」の「いたします」は、ひらがなで表記すると上述しましたが、「ご確認のほどよろしく」を漢字にして「 ご確認の程よろしくお願いいたします」と表記することができます。 」は 正しい表現です。 空気感が少し変わります。 その際、受け取った側は「ご査収」という言葉は使いません。

Next

「ご確認の程よろしくお願いいたします/申し上げます」の意味と敬語、返信、英語

「ご確認」の読み方・意味・敬語 「ご確認」の読み方は「ごかくにん」 「ご確認」の読み方は「 ごかくにん」です。 例文 「企画書を提出させていただきましたのでご確認をお願いいたします」 「大変恐縮ではございますが、資料のご確認をお願いいたします」 「お手数をおかけしますが、見積書のご確認をお願いいたします」 「お忙しいところ申し訳ありませんが、内容のご確認をお願いいたします」 「各位、資料のご確認をお願いいたします」 「ご確認のほど〜」は「確認してくれるよう〜」という意味 「ご確認のほど~」は「 確認してくれるよう~」という意味で使用される言い回しです。 上司や目上の人には「ご確認のほどよろしくお願いいたします」 上司や取引先など目上の人に対しては、「お願いします」を丁寧な表現に置き換えて使います。 「確」は音読みで「かく」と読み、訓読みで「たしか・たしかめる」と読みます。 「お願いいたします」の「いたします」と「致します」 「お願いいたします」の「いたします」は、「する」の謙譲語「いたす」の語尾に丁寧語の「ます」が付いた言葉です。

Next

敬語「ご確認」の使い方と例文|ご確認のほど・ご確認お願いします

簡単に言うと、「添付書類をよく確認してから受け取ってください」ということになります。 ・〇月〇日までにご査収の程よろしくお願いいたします。 辞書などで調べてみると「確認」には「確かにそうだと認めること」もしくは「はっきり認めること」という意味が含められています。 つまり「ご確認お願いします」は、「ご確認」という言葉に、丁寧語の「お」をつけた「願う」という言葉をつけ、更に「する」の丁寧語である「します」をつけた丁寧な表現ということになります。 「お願い」には相手への敬意が含まれています。 例文を通して説明していきます。

Next