麒麟 が 来る 衣装。 【麒麟がくる】衣装デザインが鮮やかで綺麗!カラフルな理由は?戦国時代の武士は原色好き?!

大河「麒麟がくる」、初回は19.1% 派手な色彩話題:朝日新聞デジタル

ウサギは月の使者。 19日に始まったNHKの大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」は、登場人物が色鮮やかな衣装をまとっていることで話題となった。 ただ作るのはいいとしてもわざわざ染色までするかというとそこまでするのかな?という疑問はありますね。 「戦国時代に服装が艶やかになったのは事実です。 明智光秀 ・・・ 青と緑 明智牧 ・・・ 緑と青 斎藤道三 ・・・ 黒と赤 斎藤高政 ・・・ 赤土色 松永久秀 ・・・ 花火や火花など華やかな色 足利義輝 ・・・ 派手な紫系 織田信長 ・・・ 黄色 駒 ・・・ オレンジと明るい系の色 望月東庵 ・・・ ピンクのポイントとウサギ柄 伊呂波太夫・・・ 赤を中心としたカラフルな色 明智光秀のテーマカラーは、青と緑です。 時代考証を考慮すると、あの色彩はあり得ないんだろうけど、演出かな。 だから着るものって継ぎ接ぎの着物をイメージとして持っている人もいると考えれます。

Next

麒麟がくるの衣装デザインは黒澤明監督の娘さん

。 それの原因として ・今までの時代劇が色使いが貧素だったからギャップが激しい ・昔の戦国時代の農民は貧しいはずなのにいしょうがカラフルというのが違和感 ・目がチカチカする という理由や動機が考えられます。 監督の希望なのね。 。 どういう問題かというと、 紫色はこの時代には難しい技術だったのではないかということです。 4Kは映像の横(水平)の解像度が約4000画素もあり、細部まで高精細な画質を実現できます。 大河ドラマの越前編に合わせ、企画した。

Next

大河ドラマ衣装、目がチカチカ? 担当「考証に基づく」:朝日新聞デジタル

麒麟がくるの衣装が派手で鮮やか(ビビット)との声 ではまず麒麟がくるの衣装についてネットの感想や反応をいくつか紹介した後に、 その衣装が大河ドラマや時代背景に合っているのかいないのかについて見ていきましょう。 — 岩T 筋肉痛 iwata0415 色鮮やかな衣装が見てて楽しかったです。 村人がピンクの服着てる時点でオレの中ではアウト。 同館の担当者は「大河ドラマをきっかけに、明智光秀と一乗谷朝倉氏の歴史を多くの人に知っていただければ」と話していた。 鉄砲が広まるにつれて、合戦規模が大きくなってくた戦国時代は、敵味方の識別性を高めるために、原色や異色の強烈な色が用いられました。 つまりは絵師も疑問に思わないほどに原色があふれていた可能性が高いです。

Next

大河「麒麟がくる」、初回は19.1% 派手な色彩話題:朝日新聞デジタル

今までの大河とは違った衣装の雰囲気で、とっても派手でカラフルです。 「麒麟がくる」では、 「4K放送なのだから、カラフルな映像にしたい」 という要望もあり、時代考証をしながらキャラクター一人一人の性格に、色鮮やかな衣装を落とし込んでいく作業をしました。 全体的に落ち着いた色合いですがキラキラと美しいです。 NHKのドラマ部門の担当者は22日の記者会見で「基本的には考証に基づいて、きらびやかというか、原色の色使いの衣装にしている」と強調した。 なんか大河っぽくないんだよな。

Next

#麒麟がくる(2020/05/11 18:00)

その時に衣装のお披露目があり6人の出席者の衣装も披露されました。 やましろのかみさまの笑い声めっちゃいい声だった。 一つ一つにこだわり丁寧にイメージを落とし込んでいく。 そういう演出なんだろうけど、衣装がやたらカラフルで、この時代にそんな高度な染色技術はないという疑問が頭から離れないから内容に集中できない。 洛中図の庶民の服も水色とか赤とか描かれています。 望月東庵の衣装!背中の柄も気になる カラフルな衣装で賛否出てる中、俺は望月東庵の衣装の背中の絵の方がインパクトが強すぎた。 特に草の色に違和感を感じます。

Next

『麒麟がくる』の衣装や風景の色がおかしい!?「カラー侍・カラー庶民に目がチカチカする」の声多数

「天照大神の時に青白の弊あり、其れ果たして如何なる染料を用いて染めしや」 万葉集にも、こうあります。 zuJzOooivPJBuwp 大河ドラマ「麒麟がくる」の演出にはさまざまな意見が上がっています。 なのにこの大河ドラマ「麒麟がくる」では 町民の着物までもカラフルなのです。 (ただのこの説は、追剥ぎに襲撃してくださいと言ってるようなもんなので、個人的には疑問ですが) もう一つは染料の問題。 しかしそれで慣れてしまったのが原因の一つになっていると考えれます。 麒麟がくるの 麒麟とは一番わかりやすいイメージモデルだと「麒麟ビールのあの絵」が多くの人が知る麒麟の画像です。

Next

黒澤和子・衣装の世界01

更に、天平文化の時代(729~749年)にも中国・朝鮮から色がよく染まる薬品(媒染)技術が伝わって 色鮮やかなに衣装が染めやすくなった時代だったと思われます。 戦国の世は何が起こるかわからないから面白いねぇ。 衣装が華やか!黒澤明監督の娘さんのデザイン。 そうすると衣装もどこか幻想的な雰囲気が要求されるかもしれません。 全体的に落ち着いた色合いですがキラキラと美しいです。

Next