コンカー ログイン。 経費精算システムで、経費精算管理を全自動化 Concur Expense

ソフトウェア / クラウドサービス(クラウド連携) : Cloud Service Hub for Concur : 特長 : 商品情報 : 富士ゼロックス

さらに財務経理部としては直接取り込んだデータに対する監査が自動的に行えるようになり、管理負担が小さくなったことを高く評価しています」 株式会社DeNAのケース 直感的な操作画面がすばらしく、デモを見たら Concur 以外には考えられませんでした。 当社では「パルスチェック」と名付けて四半期に1回、10分程度で答えられるアンケートを実施しています。 SAP Concurの世界標準の知見と業界トップのイノベーションは、多種多様なパートナーとアプリケーションのエコシステム、従業員のムダな時間削減を支援するソリューションや最先端の技術、そして包括的な出張・経費データの活用を通じ、お客様の出張・経費管理の価値最大化に貢献します。 まだまだ、私たちの目指す「高め合う文化」の実現は、道半ばだと感じています。 その他にもConcur invoiceやConcur Travelも提供しています。 富士ゼロックスと株式会社コンカーの連携が経費精算の煩雑さを解消し、さらなる効率化を実現します。

Next

ソフトウェア / クラウドサービス(クラウド連携) : Cloud Service Hub for Concur : 特長 : 商品情報 : 富士ゼロックス

特徴:高度なレポート分析機能、外部サービスとの連携 Concur Expense コンカー経費精算 の5つの強み 強み1. New skills. そのため、いくらスキルが高くても、当社の文化に馴染まない人に関しては、採用を見送ることとしました。 というのも、当社は設立時に傭兵的な採用をした結果、仕事や会社に対する想いがバラバラで一体感がなく、苦しんだ経験があります。 バーコードリーダーによる領収書原本受付処理• 今現在の会社の状況をあらゆる角度から見つめ直し、働きがいを高める取り組みを続けていくことで、「高め合う文化」を必ず実現させたいです。 つい先日、GPTWのプロジェクトチームとミーティングがあったのですが、ミーティング後にメンバーの一人から呼び出されて、「三村さんからディフェンシブな反応をされると、そこで議論が止まってしまうので、もっとメンバーの話を傾聴してください」というフィードバックを受け、まさに今、反省しているところです。 通常、我々と同程度の規模の会社の場合、4社から5社とお付き合いするのが平均的ですが、当社は40社です。 SF好きにはオススメ ・ゲーム的にはブラウザの箱庭系がSFになったタイプ。 ファーストリテイリンググループやKDDI、サイバーエージェント、オムロンやNECなど日本を代表する大企業の導入実績があります。

Next

コンカーとPwC Japan、パートナー連携を開始|株式会社コンカーのプレスリリース

社内アクティビティも活発 バディ制度というものがあり、これは毎月1回、ランダムに3人ひとつのチームになり、活動を開催するものです。 さらに自動分割機能により領収書一枚づつに分割して保存が可能。 それにハラスメントチェックの項目を追加しています。 ・建造できる建物や種類、兵器の割に資源やお金が少ないので発展させるのに非常に時間がかかる。 経費精算」というクラウド型経費精算システムがあります。

Next

株式会社コンカー|働きがいのある会社(Great Place to Work® Institute Japan)

Concur コンカー に転職した社員の評判 株式会社Concurで実際に働いた社員の声をいくつかお伝えします。 ICカード連携• 煩雑な日常業務を飛躍的に改善します。 承認ワークフローの拡張• 経費精算業務を支援するクラウドサービスとして定評のある、出張・経費管理ソリューションConcur Expenseに対応しました。 簡単に高度な分析ができる Concurを導入することによって、勘定科目や日付の他、接待交際費の同席者や航空券の航空会社や目的地、従業員の違反有無と違反理由など、会計システムでは取得できない詳細なデータが蓄積され、 分析レポートを作成することができます。 自動規程チェック• 豊富な導入実績 Concur Expenseの強みの1つが豊富な導入実績です。 各法人は独立した別法人として事業を行っています。 ユーザーフレンドリーですぐにビジネスに活用できるSAP Concurのソリューションは、ビジネス課題の複雑性の低減と間接費の可視化を促進することで、企業に強力な洞察力を与え、積極的な間接費管理を実現します。

Next

コンカーとPwC Japan、パートナー連携を開始|株式会社コンカーのプレスリリース

昨今の日本における少子高齢化や人口減少などにより、働き方改革の推進・テレワークの浸透や企業におけるデジタルトランスフォーメーションの必要性はますます高まっています。 そんな不安をお持ちではないでしょうか? 「Concur Expense」はSAP concurの経費精算システムで、日本では700社以上の企業で導入されています。 「働きがい」についても、GPTWの調査結果に見られるように、一定の目標を達成できました。 まとめ SF系の箱庭ゲーム、世界観や細かい作りは非常に良く出来ている。 四半期に一度の全社会議では、財務状況をはじめ経営状況を丸裸にするかのように、細かいところまで共有しています。

Next

「コンカークロスツー(CONQUERX2)」本格SF戦略シミュレーションゲーム。|オンラインゲームズーム

大きな経営課題として、業務効率化だけでなく、企業のガバナンス強化に向けた施策が求められています。 下記のような広く認識された規格に対応してます。 ・ ISO 27001 — ITセキュリティ管理業務の世界標準 ・ ISO 20000 — ITサービス管理業務の世界標準 ・ SSAE 16 -Concur従業員経費管理ソリューションと、それを支援するホスティング機能に対応する標準 実際にConcur Expense コンカー経費精算 の口コミは?実際に導入した企業の人の声 株式会社クレディセゾンのケース 「申請の遅れや間違い、不承認などがあると、以前は財務経理部の担当者が当人に連絡していましたが、時に曖昧さゆえの心理的な軋轢を生じることもありました。 ログインボーナスなどで課金ポイントも少しずつだがもらえる。 どうせならば、直感的に誰でも使いやすく、サポートに問い合わせるとすぐ回答してくれるサービスが理想ですよね? 実際にシステム導入においてよく起こる問題として、 経理部門がシステムを高額な価格で導入したが現場の申請者・承認者が使いにくい、使い方が難しいため不満の声が多く上がるという問題です。

Next

株式会社コンカー|働きがいのある会社(Great Place to Work® Institute Japan)

心機一転、会社を立て直す覚悟で取り組んだのが「ビジョン合宿」です。 いわゆるOne on Oneではなく、普段の業務から離れ、フランクな雰囲気で、気軽にコミュニケーションをとることによって、相談や連携をしやすくすることが狙いです。 今も採用活動にはかなりシビアに取り組んでいます。 一歩先を行く企業へ — Cloud Service Hub 企業が事業の優位性を守り続けるために必要なこと、それは、今まで以上に効率的な業務運用、迅速な対応、効果的なコミュニケーションです。 会社の目標を社員全員で達成するためには、できるだけ多くの情報をシェアすることも大切です。 月額料金:41,500円〜• 全世界ではなんと4万社、4500万人ものユーザーに使われています。

Next