ダイエー。 ダイエー (店舗ブランド)

全国のダイエー一覧

これは、1号店(主婦の店ダイエー薬局、のち千林駅前店)を0011とし、おおむね出店順に番号が大きくなっている。 に関しては、創業以来一貫して「」をとする拡張路線を進めてきた。 CIの導入にあたっては1973年の基本方針発表会でまず導入について中内から社内へ伝えられ、1974年には営業会議で販促部が正式に導入を提案。 この番号を見れば、ダイエーの出店軌跡が分かるだけでなく、業態転換などの扱いがどのようになっているかも分かるようになっている。 3月1日 - 柳川店()を業態転換し、 トポス1号店としてオープン。

Next

ダイエー

イオンの完全子会社後は大型GMS店舗の大半をイオンの関連会社(・イオンリテールストア・等)に継承し、2016年3月までにに順次転換した。 トマトやバナナなどのお客さまの購買頻度の高い人気の野菜・果物をお買い得価格で提供。 12月24日 - 米国NASDAQ市場の預託証券上場廃止。 9月1日 - 「株式会社ダイエーファイナンス」・「株式会社朝日トラベルエージェンシー」・「リッカー株式会社」の3社が合併し、「株式会社ダイエーオーエムシー」(のちのオーエムシーカード、現:)発足。 ダイエーは、の「土地神話」を過信するあまり、出店地における地域の付加価値増や発展効果等により、店舗の土地を周辺ごと大きく値上がりさせることを狙うとともに、その土地を担保に銀行から資金を借り入れ、その資金でまた新たな土地を買い店舗を拡大する、というスパイラル的な経営手法をとっていた。

Next

ダイエーの経営戦略失敗

(1992年までの偶数年、協賛をしていた。 8月20日 - 「株式会社」設立(のディスカウント店)。 〒194-0013 東京都町田市原町田3-2-8• 2016年12月28日閲覧。 優先株9000万株を発行し、資本金増強。 1月26日 - (ユニクロ)と業務提携。 2月27日 - 株式会社四国ダイエー設立• これにより、前述の「Lollipop」と合わせてインナー部門におけるプライベートブランドの細分化による再構築を完了。

Next

ダイエー成増が閉店!閉店後の跡地はどうなる?

2014年5月28日.。 4月 - POSシステム(第3期)を導入(2007年8月までに店舗ごとに順次更新)。 こうした中、に行われた同社株主総会の席上で、イオン社長のは、「ダイエーの事業を関東と関西のグルメシティに特化し、それ以外の地域についてはイオングループとの統合再編を進める」との方針を示した。 2月11日 - レディスインナーのプライベートブランドを2010年2月から展開していた「Lollipop(ロリポップ)」に統合。 藤沢市• 1960年代 [ ]• 〒666-0124 兵庫県川西市多田桜木1-4-1• 3月30日 - 「」発足。 茨城県 0• 小金井市• 8月25日 - 「北海道ダイエー株式会社」設立。 5月5日 - 女子バレーボール部皇后杯黒鷲旗全日本選手権優勝• 3月1日 - 「株式会社ロベリア」と「ジョセフ・マグニン・ジャパン株式会社」が合併。

Next

ダイエー (店舗ブランド)

3月1日 - 近畿3社(サカエ・丸栄商事・ミドリ)を合併。 当時モータースポーツで国内最高峰だった、でのチームスポンサーを冠したことがあった。 1960〜70年代には、当時存在した百貨店法による規制を回避するため、ひとつの店舗でも売り場面積によって、各階ごとに別会社にし(ブルーマウンテン、イエローストーン、レッドウッズ、グリーンヒル、名店デパート、ディーマート、ローズバレー、シルバースター、エメラルドスカイ、ホワイトビーチ、パールレイン、ゴールデンロック、アイボリーレイク、ペイルムーン、オレンジポートなど)、社名、包装紙、制服などを変えていた。 高槻市• のルーツとなる新神戸オリエンタルパークアベニューが誕生。 ()」とdaieiの「d」とを組み合わせた(ハート型を連想する)イメージに変更されたが、となったは従来よりも明るみを増した。 4月 - ()に本社機能の一部を移転。

Next

ダイエーのチラシ掲載店舗・企業|シュフー Shufoo! チラシ検索

(2014年9月25日読売新聞 9月30日閲覧)• の気分ですね。 板橋区ダイエー成増 閉店セール中! 閉店セールの チラシだけがやけに大きく 閑散とした ダイエー店舗内を 我が物顔で占領しています。 〒243-0432 神奈川県海老名市中央3-2-5• 本格的ディスカウント・デパートを目指した小倉店を開店。 4月2日 - プロ野球団取得の後に発表していた福岡ツインドームシティ構想の一環である、 開閉式ドーム「」が開業。 願わくば 子どもたちが悲しい思いをしませんように 祈るばかりです。 4月26日 - 産業活力再生特別措置法認定。 3月10日 - 「一徳」(上記)より譲り受けの、、吾嬬、の4店を開店。

Next