山中 伸弥 コロナ ウイルス ホームページ。 【新実のハッケン!】京都大学・山中教授との対談企画 ~未知のウイルスについて私たちはどう付き合っていけばいいのか~

2020年4月8日ニュース「徹底的なPCR検査を強く求める 山中伸弥教授が5つの提言」

現在、京都大学iPS細胞研究所の所長を務めているが、新型コロナウイルス感染症が世界に広がって深刻な事態になったことを受けて3月中旬に「山中伸弥による新型コロナウイルス情報発信」と題し、1人の医学研究者としての立場からの発信と断わりながらHPを立ち上げた。 より積極的な広報が必要と思います。 他国でワクチンや治療薬が開発されても、日本への供給が遅れたり、価格が高額になる恐れがあるから、外国の物を頼みにするのは危険です。 山中 おっしゃるとおり、今はスペイン風邪以来、人類にとって100年に1度の緊急事態です。 1人の感染者が他の1人にしか感染させないと、感染者数は横ばいになります。 感染者数のみで一喜一憂するのではなく、真の姿をとらえる必要があります。 そもそも山中教授にとっては専門外である新型コロナウイルス。

Next

コロナ危機克服へ、山中伸弥教授の政策提言を生かせるか

この3か所における対策と、感染者数の動向を比較検討した。 先生は本来、あまり表に出たいほうではないとご著書にも書かれていますが、その先生が連日、新型コロナウイルスの情報や提言を発信されているのは、なぜでしょうか。 より積極的な広報が必要と思います。 その具体的内容は示していないが、中国の都市封鎖やアメリカの厳密な自宅待機、一斉休校、必須でない経済活動の停止などを挙げていることをみれば、同様の措置を日本も東京や大阪などの大都市で「今すぐに」採るよう求めていることがわかる。 山中 こちらこそ、よろしくお願いいたします。

Next

日本の状況

橋下 中国では1月末が春節(旧正月)という大型連休だったこともあり、昨年末から今年1月の訪日中国人観光客数は百数十万人というレベルでした。 それが社会活動再開の最低条件だと主張しています。 【新実】 「『医療従事者だけをとりわけ警戒するのは見当違いなんですよ』と私たちも放送で申し上げるんですが『無症状感染者がいる以上みなさん、お互いに警戒しあうんだよ適度に。 そのためには法律に基づく緊急事態宣言をすぐにでも、という趣旨ではないかと筆者は受け止めた。 既に政府や東京都などが方針を示しているが、重症者の治療を確保するために、無症状や軽症の感染者は、病院でなく専用施設で経過観察できることを改めて推奨。 (*^^*) 昨日は、職場のスタッフが感染者の出た地域の「行政ニュース」をコピーして持ってきてくれました。 自分を、周囲の大切な人を、そして社会を守るために、4つの行動が求められています。

Next

山中伸弥教授がコロナウイルス対策を自身のホームページや動画で配信

橋下 そんなお付き合いもあったので先月号では、僕が山中さんに甘える形で気軽にメールでコロナに関する質問をお送りしたんですよね。 2.院内感染予防のための検査 他の病気で入院される方や医療従事者のPCR検査が必要です。 米国グラッドストーン研究所留学、奈良先端科学技術大学院大学教授などを経て、京都大学教授に。 しかし、6割減を長期間にわたり持続することは、経済への影響が甚大です。 13 この車椅子は夢があるよね。

Next

山中伸弥教授「5年後には絶対終わっている」新型コロナウイルスとの付き合い方を語る『サワコの朝』

ご指摘の通り、厚労省の発表している東京の陽性率は真の値より高くなっていると思われます。 22 21日21時22分頃、北海道で最大震度6弱の地震がありました。 一方、大阪府での4月24日から27日までの陽性率を厚生省のデータから計算すると10. 厚労省が接触確認アプリをリリースしました。 山中氏はiPS細胞(人工多能性幹細胞)の生みの親で、2012年のノーベル生理学・医学賞を受賞。 他のアジア諸国で用いられているアプリ(GPS機能を用いて、個人の行動履歴を国家が管理する)ものとは全く違います。 山中さんはインタビューで、ホームページを開設した理由について「僕は感染症の専門家ではないが、論文を読んで解釈し全体像をみることはできると思っている。 安倍晋三首相は6日の記者会見で、PCR検査の実施可能数を1日2万件に増やすと明言した。

Next

iPS山中教授が5つの提言「今すぐ強力な対策を」など

橋下 社会的自粛をやっては解除、またやっては解除ということを繰り返し、ワクチンや薬ができるまで時間稼ぎを続けるというのが今の戦略ですよね。 1,2年後には半分くらいの日本人が感染している可能性もあります。 2月末のイベント自粛や休校措置の際、「ここ1,2週が山場」という言葉が誤解され、3月中旬に人が観光地や繁華街に溢れました。 (6月17日追記) 超過死亡という言葉の使用についても適切でないとのご指摘を頂き訂正しました。 感染者をいち早く同定することは、経済社会への影響を最小限にする上で非常に重要です。 十分に検査をしているドイツは陽性率7%、韓国は3%です。 これまでの歴史で人は何度もウイルスと闘い・克服し・共存してきたとのこと。

Next